商品のダメージがひどく、状態が悪すぎて断られてしまった…

なぜ買取店は買い取りをするか?

質屋や買取店がブランド物を一定の価格で買い取ってくれるのは、それを改めて販売し、利益とするためです。そのため、ブランド物の状態がよければよいほど、買い取り価格は上がります。しかし、中古品や状態が悪いものでも、クリーニングがしっかりできていたり、修繕措置が問題なく施されていたりすれば、それなりの価格で買い取ってくれるでしょう。それなら自分が持っているブランド物バッグも買い取ってくれるだろうと考えてお店に行ったら、断られたというケースがあります。がっかりしてしまいますが、お店にはお店なりの判断があってのことです。いくら自分では状態がいいと思っても、お店が利益を得られそうだと見てくれないと、買い取り契約は成立しません。

買い取りになるかは商品次第

ブランドバッグや財布は、思いのほか傷みやすいものです。変形、変色、傷などが経年劣化により発生することは避けられず、状態が悪いとして買い取りを断られるケースがあります。具体的には、底に穴が開いている、持ち手が壊れて持てない、破れている、臭いが強い、ジッパーが開かないなどのケースです。これらの場合は、クリーニングや修理をしてもあまり改善されないと見られて、買い取りがされないことも多いです。ただし、お店によって判断が違うので、あるお店で断られてももう一つのお店で買い取ってもらえる場合もあるでしょう。それから、一流ブランドバッグや財布の場合、多少の経年劣化は許容範囲として買い取り契約が成立する場合が多いです。ブランド物時計に関しては、修理や仕上げで故障や傷が解決するので、商品ダメージで買い取ってもらえないケースは少ないです。