ショック…!本物だと思っていたブランド品が偽物だった…

気づかずに持ち込んでしまうことが多い

国内だけではなく海外で購入したブランド品を買い取ってもらおうとしたら、実は偽物だったというケースは珍しくありません。ブランド品の偽物はブランドの商標権を侵害しているため、基本的に買取業者では買取拒否しているところがほとんどです。リサイクルショップなどに持ち込んだ場合は気づかれずにそのまま買い取ってもらえることもありますが、ブランド品を専門に買い取っている業者であれば偽物を持ち込んだ際には買取拒否される可能性が高いと言います。

ただ偽物のブランド品は購入した人が気づかずに購入してしまったというケースも多く、本物だと思って買取してもらおうとしたら偽物だったという事でショックを受ける人も少なくないようです。

偽物を持ち込んだら罪に問われるのか

ブランド品の偽物は買取拒否されるのですが、そこで気になるのが偽物を持ち込んだという事で何らかの罪に問われてしまうのではないかという点です。基本的にブランド品の偽物は持ち込んだとしても買取拒否されることがほとんどですし、査定してもらうだけであれば無料となっています。このような点から業者からお金をだまし取ったとは判断されないため、買取が成立しない時点で持ち込んだ人はもちろん、業者側も何らかの罪に問われることはないと考えられます。 ただしブランド品の偽物だと分かっていながら買取を強要したり、買取拒否されなかったことをいいことにそのまま買い取らせた場合は詐欺罪に問われてしまう可能性があるため、注意が必要です。

ロレックス買取は売りたいと思った時が売り時です。家に眠っているものがあったなら、査定だけでもしてみてはいかがでしょうか。