香水・タバコ臭・汗・カビ臭のにおいが原因で減額されてしまった…

見た目の美しさだけでなくにおいもチェック

ブランド品を査定に出す時には、見た目が新しく見えるようにホコリを取ったり、汚れを落としたりして査定員の心証を良くするのが基本です。しかし、見落としてしまいがちなのがにおいです。強いにおいは減額の対象となるため、査定に出す前にしっかりチェックしましょう。香水、タバコ、汗、カビの臭いなどがありますが、日頃身につけている香水や喫煙者のタバコは、本人にとって日常的なにおいなので気づかないこともあります。
そのため、普段からにおいの強いものの近くにブランド品を置かないなど、保管方法に気をつける必要もあるでしょう。喫煙者はバッグなどを同じ部屋の中に置いておくだけでも、タバコのにおいが染みついてしまうので要注意です。

ブランド品の消臭方法

ブランドバッグなどについたにおいを消臭する手っ取り早い方法としては、風通しの良い場所に半日ほど置いておくという方法があります。革素材は直射日光に当たると素材が劣化してしまうので、日陰で行うのがベストです。においを消すなら消臭剤と考える人がいるかもしれませんが、薬品を使用するのは避けた方がよいでしょう。薬品によって生地が変色したり、シミがついてしまったりして、商品自体の価値を下げてしまうことがあります。重曹をティッシュペーパーなどに包み、バッグの中に入れておくのも効果的です。
どうしてもにおいが取れない場合は無理して取ろうとすると逆効果になることもあるので、そのままの状態で買取に出すのが無難でしょう。

金買取の査定価格は金の相場によっても変わってくるため、少しでも高く買い取ってもらうには毎日相場を確認することが大切です。